お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
カテゴリ名: カラーコーディネーター検定試験 (カラー)
口コミ掲示板
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
213 人中、115人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:カラーコーディネーター さん

08/04/13 23:34

カラーコーディネーター についてこのサイトではなるべくたくさんの関連情報や評判を集めています。

私自身も自分の似合う色がありますが、それは好きな色とは全く違います。なかなか思いつかない人も多いと思いますが、私たち人間は第一印象を、まず顔や仕種、服装などを見て決まると言われています。どの級から受験可能ですが、一般受験者は3級や2級から受験する人が多いそうです。クリエスクールと同様に2級・3級同講座で27800円です。町などで同じ色を着ているのに全く印象が違って見えたり、自分と同じ服を着ているのに相手が凄くかっこ良く見えたりした事ありませんか。このようにカラーコーディネーター試験を受験すると、スキルアップや仕事を探す為だけでなく私達の生活に彩りをくれます。

カラーコーディネーターを学ぶ上でも、学校へ行って学びたいと思っている人も沢山います。味や匂いもしないのになぜ美味しそうに感じるのでしょう。絵本だけじゃなく、おもちゃなどにも鮮やかなのが多いのも、そのせいかもしれませんね。それにカラーコーディネーター養成講座には、受講後に受講料を一部返還される教育訓練給付金対象となっているのでそれも嬉しいですね。専門学校で学んでいる人は、卒業記念などに受験するのも記念になるかもしれませんね。オンライン講座にしてはとても多くの講座があり受講生も多くいます。

紹介するオンライン講座の名前を、「ナレッジサーブ」。このような勉強法を楽しむのもいいですね。でも合格率からも判るように、3級は50%、2級は20%と言われていて大変難しいです。かといって専門学校などに通うのも時間が無い人も多いはずです。この三つの属性は、独立した属性なので1つの属性が変化しても残りの属性が影響を受ける事もないです。家庭で自主的に試験勉強を行う人達は覚える方法も迷いますね。

黒い色の服を誰もが1着は持っているのではないでしょうか。注目の影にはカラーコーディネーター達が、色々な場所で活躍しているからかもしれませんね。問題集も過去の問題を解けるので、事前に試験問題を体験する事が出来るのです。固有色名や基本色名など色の名前を勉強する「色の表示」などあります。色彩検定の受験者は幅広く小学生から高齢者までいるそうです。色彩士検定は、年齢を問わず誰でも受験する事が可能で、平成19年に文部省推薦の名も貰っている検定です。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
216 人中、113人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:カラーコーディネーター検定試験へのうわさ さん

08/04/09 23:36

カラーコーディネーター検定と色彩検定の違いが気になる人が多いと思います。

カラーコーディネーター検定は東商主催で、建築を始めインテリア関係の仕事に役に立つ検定。

色彩検定はAFT主催で、美容などファッション関係の仕事に必要な検定だといわれています。


しかし、2005年にAFTが大幅にテキストを改訂してしまったので現在はそんなに大きな差はないと言われています。

ただし、使用するカラーカードなどの色の表記が全く違うようです。

その為、両方を受験した方に聞くと、同時に受験勉強をすると頭が混乱すると言っていました。

どちらも受験する場合には、1度時間を置いて初めから勉強する方がいいかもしれません。


カラーコーディネーター試験と色彩検定の受験方法の違いを少し紹介したいと思います。

カラーコーディネーター検定試験は、3級と2級は6月と12月の年に2回、1級は12月のみの受験です。

料金は、3級は、5,100円、2級は、7,140円、1級は9,180円となっています。

全て合格ラインは70%以上です。


色彩検定は、文部省認定の検定で、カラーコーディネーター検定と同様に3級と2級は年に2回、6月と11月に行われます。

1級は11月のみに行われます。

料金は少し高く、3級7,000円、2級10,000円、1級15,000円になっています。

合格率は基本70%と言われています。


どちらの検定もカラーに関する仕事にはお勧めの検定ですが、まずは比較して好きな方の検定を受検してみるのがよいでしょう。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
433 人中、208人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者: カラーコーディネーター さん

08/03/30 23:37

カラーコーディネーターのお仕事の1つに色彩環境と言うお仕事があります。色彩環境と言う名前のお仕事を始めて聞いた人は多いと思います。しかしこの仕事は皆さんの間近でとても活躍しているお仕事です。

色彩環境のお仕事は、機能や設備などを揃えた部屋をより快適にする為に、色彩デザインやコーディネートをするお仕事です。

他にもお仕事は幅広く、概観の色彩デザインやコーディネート・公共に関わる建物のデザインなどもあります。また色彩環境の講師をしたり、色彩環境についての指導やアドバイスなど色々な環境に関わっています。

この色彩環境は、カラーコーディネーターを勉強する試験でも関わってきます。

試験には、2種類あり東商のカラーコーディネート試験とAFTの色彩検定です。

どちらでも環境色彩を受験する事は出来ますが、環境色彩を専門的に受験したいなら東商のカラーコーディネーター検定試験の1級がお勧めです。

カラーコーディネーター1級試験は、3つの種類に分かれていて「ファッション色彩」・「商品色彩」・「環境色彩」から選択する事が出来ます。

その中の「環境色彩」は、先程紹介した建築・環境等や色彩環境などのお仕事の事が重に出題される認定試験です。もちろん色彩検定を受験される場合にも専門的ではないですが、1級検定試験で出題されるようです。

どちらにしても1級検定を突然受検するのはとても難しいと思いますので、まずは3級や2級を受験してから受験してみてはいかがでしょうか。

色彩環境の仕事は、デザイナーなどのようにあまり目立たないかもしれませんが、私達が生活をするのに重要で素敵な仕事ですね。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する