東京学力会(予備校)

お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
書き込み状況グラフ

 
口コミ掲示板
レビュー・評価
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
東京学力会

 投稿者:学力会OB さん

13/08/23 15:07

103 人中、76人の方が、「なっとく」のレビューです。

 5:総合評価

やっぱり、この予備校の良さは担任の先生の存在につきますね。
担任の先生によって指導内容は異なるようですが、私が入塾した時には担任の先生との面談で、自分の志望校合格に向けて、この予備校をどう使っていったらいいかという方向性と方法論をはっきりと明示してくれました。簡単なテストを受けさせられて、現状自分の学力がどのレベルなのか、どこに弱点があるのかを把握したうえで、志望校に合格に向けての長期的な学習プランを提示してもらったのですが、四谷学院のように、志望校合格に向けて細分化されたプランがあり、それに自分をあてはめていくというタイプではなく、自分に合わせて学習プランや、授業の受講プランを考えてくれるので、高校から出される宿題や高校のイベントなど予定外に時間をとられることが発生しても、その都度それに対応する対策をたててくれるので、予備校のペースに自分がついていけなくなってしまうということがなく、とても頼りになります。志望校がはっきりしていない場合も、担任の先生が様々な情報を提示してくれて、一緒になって将来の方向性や志望校を考えてくれるので安心です。また、モチベーションが上がらないという人にも、色々とやる気スイッチを入れるためのアドバイスをしてくれるはず(笑)また、授業は受験の頻出重要ポイントを抑えるという位置づけなので、それ以外はSMLでの学習になります。SMLは国内全ての大学受験に対応し、中学レベルの超基礎から東大の傾向対策まで、どんな学力レベルの高校生でも志望校合格までに必要なコンテンツが揃っているというオンライン授業です。スマホやアイパッドなどの情報端末などでも見ることができるので、部活などがとても忙しく予備校にほとんど来れない、あるいは授業にはでないという生徒も不足なく志望校合格までに必要な学習を進めることができます。それに、学力会は自習で分からないところを質問できるチューターの先生が使い放題です。使おうと思えば年間2000時間以上の個別指導を使える予備校はここ以外ないはずです。受験で成功するためには、理解できないところをいかに理解するか、できない問題をいかにできるようにするかということが重要です。できることを何回なぞっても学力は向上しませんし、少しでも分からないということが積み重っていくと、全部が分からなくなってきてしまい、学力は一向に伸びなくなってしまいます。担任の先生が、その分からないところをどのようにチューターを使って解決すればいいか、具体的な方法論をもって説明してくれるので、チューターの使い方に手間取るということはありません。私が予備校に入ったばかりのころは、SRで自習をしていると担任の先生が声をかけてくれてどういう勉強を私がしているか確認すると、「それならチューターを○○○のように使えば、効果的に勉強ができるよ」などとアドバイスをしてくれました。もちろん、チューターに声をかけづらいという人には、教科ごとあるいはその人の性格に合わせて適切なチューターを連れてきてくれるので、チューター選びも安心できると思います。ここまで手取り足取り面倒を見てくれる予備校はなかなかないんじゃないかと思います。他にも、授業の受講レベルが自分の学力レベルにあっているのかをちゃんと確認し、問題があればどのように対応したらいいかアドバイスしてくれますし、予備校の使い方全般についていろいろとアドバイスをくれるので、とても力強いです。それと、学校の成績をあげるための対策もしっかりと担任の先生が立ててくれます。高校の成績を上げるためには、受験と同じようにいかに理解できないところを理解するかというところが大事で、チューターを上手に使うということはもちろん大事なのですが、そういう意味では「理解できないところを発見」して、穴なく解決していくということが大事になってきます。そのために、担任の先生が高校の授業の受け方について丁寧なアドバイスをしてくれます。具体的にはノートのとり方やプリントの使い方、その復習の仕方などです。高校の先生の口頭での説明を、聞き漏らさずにメモしておくことや、参考書や資料集、テスト対策とリンクしてノートにまとめておくことで、復習したときに疑問点が明確になってきます。また、授業中に疑問点に気づいたときは、分からないことを質問調に色ペンなどで書いておけば、後でSRに来た時にまとめてチューターの先生に質問して解決することができます。また、解決できたことを書き込めるように、ノートを余白を十分にとることや、プリントはノートに貼りつけて使うことがコツになってきます。そういう具体的な方法を担任の先生がプリントなどで明確に示して説明してくれるので、まず成績は上がるはずです。それに、この予備校では、定期テストの頻出ポイントがまとまった「テスト対策」というプリントをもらうことができます。これを見てテスト勉強をすれば、より効率的に学習が進むだけでなく、予習や復習を効果的に進めるツールとしても利用できるので、とても頼りになります。もちろん、そのあたりの使い方のアドバイスも担任の先生がばっちりしてくれます。それと、学校の定期テストは授業内容をちゃんと「理解」して「定着(暗記)」できれば100%成績は上がります。「理解」に関しては前述の方法でOKですが、「定着(暗記)」に関しても効果的な暗記テクニック・復習テクニックを担任の先生がアドバイスしてくれます。この暗記テクニックは文系・理系問わずに大学受験勉強でも効果を発揮します。理系などは暗記とは関係なさそうですが、かなりの部分が暗記です。暗記のコツを掴んでおけば、3時間かかる勉強を1時間で済ますこともできるので、絶対に抑えておくべきです。それと、成績が上がれば、推薦対策のエキスパートである塾長先生が推薦対策指導をしてくれるので、合格の可能性を相当アップさせることができるとのことでした。私は一般受験でしたのでこの講座は受講していませんが、受講した友達はほとんど志望校に合格できていました。とにかく、担任の先生と協力して頑張れば、必ず志望校合格は果たせます。詩人のアラゴンは「教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸に刻むこと」と述べていますが、まさにそれを実践できている素晴らしい予備校だと思います。

 4:コスト感

 5:講師

 4:授業

 4:スタッフ対応

 5:教材

この記事を違反報告する


記事に対するコメント

■ 担任の先生は頼れる!
自分が何をやったらいいか分からなくなった時、いつも明確な「道筋」を示してくれる。本当に頼りにしてます!

山中湖 さん ( 2013/09/01 22:04 )

■ 努力の方法と方向性
「今でしょ」の先生が言ってたけど、受験は努力するのは当たり前で、むしろ努力の方法と方向性が間違っていると結果はなかなか出ないのでそれが大事と言っていた。
そうなんだよね、その「努力の方法と方向性」を「正しく」できるから、学力会があるんだと・・・

吉田うどん さん ( 2013/09/03 10:39 )

■ 全てのお膳立てはしてくれます
学力会の授業の活かし方、高校の宿題の活かし方、高校の先生とうまく付き合う方法、要領よく成績を取るテクニック、難関大学推薦受験の穴場学部、彼女と仲直りする方法。

全てのお膳立てを担任の先生がしてくれます。
何というか、担任の先生は「仕事でやってる」というより「好きでやってる」という感じなので信頼できるんですよね。

スイカ さん ( 2013/09/04 23:05 )

■ 本音
高校の先生は建前しか言わないけど、担任の先生は本音で語ってくれるから響くものがあるよね。

トーン記号 さん ( 2013/09/05 10:53 )

■ 大事な事は
勉強に向きあう「姿勢」を教えてくれる。
受動的な学習では伸びない。能動的に探求してこそ、深い理解は得られるということをね。

ポップコーン さん ( 2013/09/05 16:59 )

■ 感謝しています
担任の先生のご指導のおかげで杏林大学の医学部に合格できました。
私立医学部は基礎〜標準レベルの問題を確実に取れるかが大事ですが、チューターの使い方をご指導いただいたうえでいい準備ができたのだと考えています。

ブルー中佐 さん ( 2013/09/05 18:41 )

■ SRの使い方
SRの使い方がようやく分かってきたぜ。

マスター さん ( 2013/09/06 23:10 )

■ 先輩!
SRってどう使うのが正解?

静岡地獄 さん ( 2013/09/07 00:52 )

■ だから
チューターの使い方が大事なんだよ

マスター さん ( 2013/09/08 00:45 )

■ なるほど
どう大事なんですか?

静岡地獄 さん ( 2013/09/08 17:21 )

■ ほほう
いろいろあるから、担任ちゃんに聞いて

マスター さん ( 2013/09/08 17:32 )

■ 数学の勉強法
ケアレスミス多い人はチューターに添削してもらったほうがいいって。
解き方の間違いとかを指摘してくれるから、それを直せばミスは減るらしいよ。

寸胴ファンタジー さん ( 2013/09/08 20:01 )

■ 大学にとって
志望校によって勉強法はぜんぜん違うんだね。
今のうちに気づいてよかったよ。

オルドビス さん ( 2013/09/08 20:07 )

■ 国立医学部
医学部志望だけど、大学によってぜんぜん受験戦略って異なるんだね。受験かもぜんぜん違うし、推薦も考えたら情報量は莫大だから、担任の先生に受かりやすいジュケンパターンを考えてもらう必要があると思う。

高田のばあ さん ( 2013/09/09 02:41 )

■ 面談で検討する必要ありますね
私も医学部志望だけど、国立の医学部はセンターだけど受験できるとこともあるし、特殊な受験科のところが多い。早目から志望校を絞って効率的な対策をする必要がありますね。

おるいんぴっく さん ( 2013/09/09 17:28 )

■ 映像配信授業の進め方
SMLはいい教材だと思いますが、コンテンツ数が多い分「さあ使ってください」と言われても困ってしまう。
その点、担任の先生のISPどおりに進めれば何の問題もない。

ぼれねーぜ さん ( 2013/09/09 22:03 )

■ 情報飽和時代では
確かに。SMLに限らず情報過多なりがちな高校生にとっては、情報を整理してくれる存在が必要。

栗あじ さん ( 2013/09/09 22:06 )

■ デジタル時代
これだけ複雑化した大学受験ですからね。デジタルディバイドではないですが、情報を正しく咀嚼できない人間は損をしてしまう。ほとんどの高校生では、有利な選択は無理なんですよ。

さん ( 2013/09/09 22:09 )

■ 素人じゃ
受験方式にあれだけ違いがあり、配点もさまざま。
素人じゃとても無理ですよね。

栗あじ さん ( 2013/09/09 22:14 )

■ 3者面談
希望すれば3者面談もしていただけます。
親子でコンセンサスを図るためには、有効だと思いますよ。

ぽてっと唇 さん ( 2013/09/10 10:32 )

■ チェッk
週1回、課題のテストを受けています。
SMLの進捗もチェックされてます。
がーすさ。

繰り広い さん ( 2013/09/10 10:42 )

■ 英検
高1のはじめに入りましたが、まずは英語ということで英語の受験勉強を計画的に進め、1月の英検で2級を取得。
これは上智大学を推薦で受けれる資格ができるからということもあるそうです。上智の推薦は倍率低いですからね。
その後数学を進め、2年生の今の段階で毅銑兇泙任遼楴舛慮Φ罎鮓任瓩泙靴拭この後、同系列の総合的研究に移ろうか悩むとこですが。順調に進んでいるのは間違いないです。

あくありうむ さん ( 2013/09/10 12:02 )

■ 青ちゃーと
青は解説はしょりぎみだからチューターいないときついよね。研究系の方がいいんだろうけど。もしくはフォーカスゴールド?

頭脳明晰F先生 さん ( 2013/09/10 12:09 )

■ 何を
受験勉強において重要なのは「何をやったか」ではなく「何を身に着けたか」が重要ですもんね。参考書をただこなしただけでは結果は出ない。やはりこのあたりは担任の先生とチューターが必要になるとこでしょうね。

ソブリン債 さん ( 2013/09/10 12:17 )

■ 学力会とは
もう、これ以上ないってぐらい、「あとはやるだけ」という環境を整えてくれるのが学力会。それははっきりしてる。

ムーンライダー さん ( 2013/09/10 12:39 )

■ 授業は
学力会の授業は少人数制だから集団授業とは明らかにちがうよね。受けっぱなしにならない。講師の先生も一人ひとりに個別に指導してくれるし。授業中に質問できる双方向性もあるしね。

べじーた さん ( 2013/09/10 12:44 )

■ 意外と以外
大学受験においては、情報収集能力、そして判断能力が重要となってきます。本当に正しい勉強法とは何なのか、受験に関する情報を集め、そしてそれが正しいのかどうか判断できるかが重要です。が、そんな時間はないという人がほとんどなはず。(そんな時間があるなら勉強すべき)だから担任の先生が必要なわけです。

パスコ さん ( 2013/09/10 12:51 )

■ 参考書
参考書の使い方、使用する順番など奥深さを知りましたね。

カレーパン さん ( 2013/09/10 13:45 )

■ 勉強法
勉強というのは「今」「現在」の自分にあった方法で行わなくてはいけない。
進学校に通っていなくても自分の理解度や問題点をしっかり認識し、それを考慮した上で自分にあった勉強法で勉強すれば、進学校の生徒にも負けないということを知りました。

コマネチ さん ( 2013/09/10 13:49 )

■ 学力界とは
ここだったら、個別で一人ひとりに合ったプランで効率良くいけるので、自分ひとりでやるときの無駄や迷いはなくなりますね。

海面 さん ( 2013/09/10 14:48 )

■ 流れは
最初にCTを受験し、成績・得意教科・苦手教科を分析した上で志望校合格までに必要なSMLの講座と参考書の順番を全て長期学習スケジュールに詳細に明記されます。
一人一人に合わせて作成した個別カリキュラムをもとにした指導、そしてそれを補完するSRの存在が大きなメリットでしょう。

萩原ながれ さん ( 2013/09/10 15:23 )

■ TGK!
毎日やるべき課題が明確!
SRでのチューターチェックテストで、定着度が確認できる!
自分はこのあたりが好きかな

アイユーブ朝 さん ( 2013/09/10 15:27 )

■ カスタマイズ
SMLを自分に合わせてカスタマイズしてもらってます。

グリセリン さん ( 2013/09/10 22:23 )

■ 明確化
「いつまでに」「何を」「どのように」やれば結果が出るかというのを明確にしてもらってます。
授業とSMLと参考書、それとチューターを使った個別指導と使えるものが多いだけに助かります。

猫の写真 さん ( 2013/09/10 22:27 )

■ チューター
チューターの使い方を教えてもらえるのはいいですね。
とにかく有効な使い方がたくさんありますから。

雑穀 さん ( 2013/09/12 01:36 )

■ 私は
定期テストを毎回チューターに見直ししてもらっています。勉強法を見直して最適化してくのはだいじですおy

雑穀 さん ( 2013/09/12 01:38 )

■ 高1から入りたい
高1から入っておけば、最難関レベルの国立も狙えます。早く入れば入っただけ、高いところを狙えるのは間違いないです。

コバコバ さん ( 2013/09/24 19:33 )

■ 高3で改めて思い知る
受験生になると、担任の先生の存在がほんとに欠かせなくなる。難関大になればなるほどね。

UNO さん ( 2013/09/26 09:32 )

■ ほんと
すごい。ほんとにまじですごい。

ほんと さん ( 2014/05/06 00:51 )

■ パーフェクトな予備校
パーフェクトな予備校でございました

さん ( 2016/03/04 14:34 )

このコメントは削除されました。

この口コミレビュー投稿する