東京学力会(予備校)

お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。

口コミ掲示板
レビュー・評価
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。

[00142317] 大学入試相談会

返信する
0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会へのお得情報 さん

23/01/02 00:17

先日この予備校が主催している、無料の大学入試相談会に行ってきました。

全学部で推薦入試を行っている通学圏内の難関大学は、

<国公立大学>
筑波大学
電気通信大学
東京都立大学

<私立大学>
上智大学
立教大学
東京理科大学
中央大学(英語運用能力推薦のみ)
芝浦工業大学(女子枠推薦のみ)

この8校なので、この8校を軸にして、推薦入試戦略を組み立てていくのが基本と聞きました。

これ以外の大学は一部の学部や学科しか推薦入試を実施していないので、注意が必要です。

また、この中では立教と中央(英語運用)のみが併願可能なので、併願する場合の組み合わせも戦略的に重要だそうです。

色々と役に立つ情報が得られるので、特に入塾する気がなくても大学入試説明会は行ってみるべきだと思います。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。

[00142307] すあま部長

返信する
0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会へのお得情報 さん

23/01/01 18:12

先月東京学力会に入った高校1年生です。

僕は総合型選抜、公募推薦、一般選抜を組み合わせて、国立大学工学部合格を狙うために、東京学力会に入塾しました。
というのも、国立大学工学部を一般選抜だけで狙うのは時代遅れだし、僕のレベルの県立高校から合格するのはぼ不可能と、入塾前の大学入試説明会で聞いたからです。

大学入試説明会で、電気通信大学稽犁ヽシステムプログラムの公募推薦を狙おうという戦略を提示されたので、納得して入りました。

僕は偏差値60くらいの県立高校に通っていますが、物理化学が高3から始まるので、個別試験で物理化学に対応するのが難しく、千葉大学や電気通信大学の工学部に入学するのは不可能に近いです。それで高校の進路指導の先生に聞いたら、高校の先輩で千葉大学に合格している人は、みんな文系なのが分かりました。

なので、一般選抜よりも公募推薦に基本はフォーカスして電通大合格を狙っていくことに決めました。あと、現代文がとにかく苦手なのも、公募推薦狙いにした理由ですね。

理系の公募推薦は出願書類、基礎学力検査、面接(口頭試問含む)の選抜方式のパターンがほとんどです。推薦入試は小論文試験があるものだと勘違いしている人がとても多いですが、それは文系学部の場合です。


電気通信大学稽爐隆霑坦慘聾〆困榔儻貎学物理化学の4科目で60%取ればほぼ確実に受かるので、そこを意識して学習していくつもりです。

あと、僕の代からは共通テストが新課程に変わって出題傾向が大きく変化するため、その対策をSRで行っています。

12月に大学入試センターが公表したサンプル問題はマジでビビりました。特に現代文は完全に資料解釈問題になりましたよね。でも、ああいう資料解釈系の読解力は現代文だけでなくて、英語とか全科目共通して求められているには一目瞭然なので、僕は国語STの授業内で要約トレーニングをすることで、ベースとなる基礎的読解力を高めています。

そして、数学は思考力問題対応度が高いニューアクションを購入して、分からないことをチューターに質問しています。僕はあまり数学が得意ではないため、レジェンドではなく、フロンティアにしました。同レベルの黄色チャートと違い、解答に至るまでの思考のプロセスが掲載されているので、思考力問題への対応が各段にしやすいのです。

また、理科については比較的得意な物理を先取りで進める予定ですが、セオリー通り高2の夏休み前までは英語数学を先行して進めています。

夏休みからはベタですが、漆原系の面白いほどわかる本と入門精講で先取りしていく予定です。その後、エッセンス⇒良問の風⇒名門の森の順番でつないで、名門の森を高3夏休み前までに固めるペース感で、担任の先生の参考書ルートを作成しました。

あと、推薦希望の人は高3になったら推薦入試特別対策講座で対策をしていくのが基本です。
電通大のように理系学部の推薦は小論文試験がないので、集団授業は取らずに、個別指導だけ単科で受講すれば問題ないです。

なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会へのお得情報 さん

23/01/01 18:07

先月東京学力会に入った高校1年生です。

僕は総合型選抜、公募推薦、一般選抜を組み合わせて、国公立合格を狙うために、東京学力会に入塾しました。
というのも、国公立大学を一般選抜だけで狙うのは時代遅れだと、入塾前の大学入試説明会で聞いたからです。

大学入試説明会で、電気通信大学稽犁ヽシステムプログラムの公募推薦を狙おうという戦略を提示されたので、納得して入りました。

僕は偏差値60くらいの県立高校に通っていますが、物理化学が高3から始まるので、個別試験で物理化学に対応するのが難しく、千葉大学や電気通信大学の工学部に入学するのは普通で行けば不可能に近いです。先輩で合格している人も調べてみると、みんな文系なのが分かりました。

なので、一般選抜よりも公募推薦に基本はフォーカスして電通大合格を狙っていくことに決めました。あと、現代文がとにかく苦手なのも、公募推薦狙いにした理由ですね。

理系の公募推薦は出願書類、基礎学力検査、面接(口頭試問含む)の選抜方式のパターンがほとんどです。推薦入試は小論文試験があるものだと勘違いしている人がとても多いですが、それは文系学部の場合です。


電気通信大学の基礎学力検査は英語数学物理化学の4科目で60%取ればほぼ確実に受かるので、そこを意識して学習していくつもりです。

あと、僕の代からは共通テストが新課程に変わって出題傾向が大きく変化するため、その対策をSRで行っています。

12月に大学入試センターが公表したサンプル問題はビビりました。特に現代文というよりは資料解釈問題ですよね。でも、ああいう資料解釈系の読解力は現代文だけでなくて、英語とか全科目共通して求められているには一目瞭然なので、僕は国語STの授業内で要約トレーニングをすることで、ベースとなる基礎的読解力を高めています。

そして、数学は思考力問題対応度が高いニューアクションを購入して、分からないことをチューターに質問しています。僕はあまり数学が得意ではないため、レジェンドではなく、フロンティアにしました。同レベルの黄色チャートと違い、解答に至るまでの思考のプロセスが掲載されているので、思考力問題への対応が各段にしやすいのです。

また、理科については比較的得意な物理を先取りで進める予定ですが、セオリー通り高2の夏休み前までは英語数学を先行して進めています。

夏休みからはベタですが、漆原系の面白いほどわかる本と入門精講で先取りしていく予定です。その後、エッセンス⇒良問の風⇒名門の森の順番でつないで、名門の森を高3夏休み前までに固めるペース感で、担任の先生の参考書ルートを作成しました。

あと、推薦希望の人は高3になったら推薦入試特別対策講座で対策をしていくのが基本です。
電通大のように理系学部の推薦は小論文試験がないので、集団授業は取らずに、個別指導だけ単科で受講すれば問題ないです。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。
0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会へのお得情報 さん

23/01/01 17:52

最近学力会に入った高校1年生です。

総合型選抜、公募推薦、一般選抜を組み合わせて、国公立合格を狙っています。
というのも、国公立を一般選抜だけで狙うのは時代遅れだと、入塾前の大学入試説明会で聞いたからです。

大学入試説明会で、電気通信大学稽犁ヽシステムプログラムの公募推薦を狙おうという戦略を提示されたので、納得して入りました。

僕は偏差値60くらいの県立高校に通っていますが、物理化学が高3から始まるので、個別試験で物理化学に対応するのが難しいため、一般選抜よりも公募推薦に」基本はフォーカスして狙っていくことに決めました。あと、国語がとにかく苦手なのも、公募推薦狙いにした理由ですね。

理系の公募推薦は出願書類、基礎学力検査、面接(口頭試問含む)の選抜方式のパターンがほとんどですが、電気通信大学の基礎学力検査は英語数学物理化学の4科目で60%取ればほぼ確実に受かるので、そこを意識して学習していくつもりです。

あと、僕の代からは共通テストが新課程に変わって出題傾向が変化するため、その対策をSRで行っています。

数学は思考力問題対応度が高いニューアクションを購入して、分からないことをチューターに質問しています。僕はあまり数学が得意ではないため、レジェンドではなく、フロンティアにしました。同レベルの黄色チャートと違い、解答に至るまでの思考のプロセスが掲載されているので、思考力問題への対応がしやすいのです。

また、理科については比較的得意な物理を先取りで進める予定ですが、セオリー通り高2の夏休み前までは英語数学を先行して進めています。

夏休みからはベタですが、漆原系の面白いほどわかる本と入門精講で先取りしていく予定です。その後、エッセンス⇒良問の風⇒名門の森の順番でつないで、名門の森を高3夏休み前までに固めるペース感で、担任の先生の参考書ルートを作成しました。

あと、推薦希望の人は高3になったら推薦入試特別対策講座で対策をしていくのが基本ですが、電通大のように理系学部の推薦は小論文試験がないので、集団授業は取らずに、個別指導だけ単科で受講すれば問題ないです。



なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

この記事に返信する
ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ

0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会のお得情報への返信 さん

23/01/01 18:02

先月東京学力会に入った高校1年生です。

僕は総合型選抜、公募推薦、一般選抜を組み合わせて、国公立合格を狙うために、東京学力会に入塾しました。
というのも、国公立大学を一般選抜だけで狙うのは時代遅れだと、入塾前の大学入試説明会で聞いたからです。

大学入試説明会で、電気通信大学稽犁ヽシステムプログラムの公募推薦を狙おうという戦略を提示されたので、納得して入りました。

僕は偏差値60くらいの県立高校に通っていますが、物理化学が高3から始まるので、個別試験で物理化学に対応するのが難しく、千葉大学や電気通信大学の工学部に入学するのは普通で行けば不可能に近いです。先輩で合格している人も調べてみると、みんな文系なのが分かりました。

なので、一般選抜よりも公募推薦に基本はフォーカスして電通大合格を狙っていくことに決めました。あと、現代文がとにかく苦手なのも、公募推薦狙いにした理由ですね。

理系の公募推薦は出願書類、基礎学力検査、面接(口頭試問含む)の選抜方式のパターンがほとんどです。推薦入試は小論文試験があると勘違いしている情報弱者が多いですが、それは文系学部の場合です。


電気通信大学の基礎学力検査は英語数学物理化学の4科目で60%取ればほぼ確実に受かるので、そこを意識して学習していくつもりです。

あと、僕の代からは共通テストが新課程に変わって出題傾向が大きく変化するため、その対策をSRで行っています。

12月に大学入試センターが公表したサンプル問題はビビりました。特に現代文というよりは資料解釈問題ですよね。でも、ああいう資料解釈系の読解力は現代文だけでなくて、英語とか全科目共通して求められているには一目瞭然なので、僕は国語STの授業内で要約トレーニングをすることで、ベースとなる基礎的読解力を高めています。

そして、数学は思考力問題対応度が高いニューアクションを購入して、分からないことをチューターに質問しています。僕はあまり数学が得意ではないため、レジェンドではなく、フロンティアにしました。同レベルの黄色チャートと違い、解答に至るまでの思考のプロセスが掲載されているので、思考力問題への対応が各段にしやすいのです。

また、理科については比較的得意な物理を先取りで進める予定ですが、セオリー通り高2の夏休み前までは英語数学を先行して進めています。

夏休みからはベタですが、漆原系の面白いほどわかる本と入門精講で先取りしていく予定です。その後、エッセンス⇒良問の風⇒名門の森の順番でつないで、名門の森を高3夏休み前までに固めるペース感で、担任の先生の参考書ルートを作成しました。

あと、推薦希望の人は高3になったら推薦入試特別対策講座で対策をしていくのが基本です。
電通大のように理系学部の推薦は小論文試験がないので、集団授業は取らずに、個別指導だけ単科で受講すれば問題ないです。
なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

この記事に返信する
お気に入り登録するとマイページに更新情報が届きます。

[00142276] コツコツ

返信する
0 人中、0人の方が、「なっとく」の口コミです。

投稿者:東京学力会へのお得情報 さん

22/12/31 13:34

昨年、東京学力会から東京都立大学経済経営学部にグローバル人材育成入試で合格することができました。

東京学力会のよいところは、私にとっては以下の3つでした。
・推薦対策講座で多様な選抜方式の推薦入試に対応可能
・4技能対策がSRで受け放題
・一般選抜にも推薦入試にも、どちらも本格対策できる

私の兄も推薦での合格を目指して推薦専門予備校に通っていましたが、推薦専門予備校は一般選抜対策といっても映像授業を使えるだけだったりなので、学力会のような一般選抜と推薦入試の両方について本格的に対策できるのは私には合っていました。

推薦専門予備校でプロ講師の個別指導をつけたり講習会をとると年間80万円くらいはかかりますが、学力会ならその3分の1の金額で推薦対策ができるのでコスパがいいです。

私は高校1年生から入塾して、国際系学部の推薦を目指して、英検のスコアを上げてきたのですが、SRで英検対策が受け放題なのがとても良かったです。

ただ、SRを活用できないと学力会に通う必要性が薄いです。私の場合は高校1年生の夏休みに入会したのですが、1年末で英検2級に合格し、高3の6月の従来型では、準1に合格しつつ、CSEで2400点を超えることができました。

都立大のグローバル入試は2次試験で英語小論文と英語面接があるので、長い期間をかけて4技能対策をしてきた成果を発揮することができました。

ただなんとなく成績を上げたいというんじゃなくて、明確に志望校を決めて、そこから逆算で戦略的に必要な学習をSRでコツコツしていくことができる人には、絶対におすすめできます!!

なっとく! いまひとつ この記事を違反報告する

ブックマークこの記事をはてなブックマークに追加この記事をYahoo!ブックマークに追加この記事をLivedoor Clipに追加この記事をFC2ブックマークに追加この記事をNifty Clipに追加この記事をnewsingに追加この記事をbuzzurlにブックマークこの記事をchoixにブックマークこの記事をizaにブックマーク この記事にツイートこの記事についてつぶやく ▲ページトップへ
この記事に返信する

119ページ中2ページ目を表示(合計:593件)  前の5件 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |   ...119 次の5件